冒険の象徴 南極大陸へ

PONAT

一生に一度の旅、白い大陸へ。南極クルーズ。

クルーズ案内

Emblematic Antarctica

地球上にただ一つ、はるか彼方に広がる「白い大陸」、南極大陸。氷山の美しさと野生動物の息づく大自然を体験出来ます。ポナンの南極クルーズで冒険心を刺激しましょう。

冒険の象徴・南極大陸へ
オファー

ポナンボーナス最大20%。初回乗船割引。その他割引がございます。お問い合わせください。
日本人ガイド乗船の設定あり。

クルーズポナン
コース冒険の象徴 南極大陸へ
料金€ 10,640~ (最安)
泊数10泊11日
海域南極
寄港地ウシュアイア – 南極半島各地 – ウシュアイア
乗船ウシュアイア
下船ウシュアイア
区分001_antarctica

※ポナンの個人予約ご利用条件を確認する。

航路

ウシュアイア – 南極半島各地 – ウシュアイア

・素晴らしい自然景観に囲まれた南極半島とその最も美しい秘密を発見する探検クルーズ。

・経験豊かなナチュラリスト・ガイドのチームと一緒に、ゾディアック・インフレータブルで遠出や海岸訪問。

・シーカヤック・アドベンチャーで南極の魅力を探検。経験豊富な国家認定カヤック・ガイドの案内で、氷の中を水面を滑るように進みます。

冒険の象徴・南極大陸へ

・ハイキング。

・条件が許せば、調査捕鯨基地やかつての捕鯨基地を訪れます。

・ナチュラリスト・ガイドによる野生動物、歴史、地政学、偉大な探検家、気候、環境保護、環境尊重の教育的発見を取り上げたレクチャーや説明会。

・(風景)多数の流氷、流氷、堂々とした氷河、雪に覆われた高い山々。

・(野生動物)ザトウクジラ、ジェンツーペンギン、アデリーペンギン、アゴヒゲペンギン、ヒョウアザラシ、カニクイアザラシ、ウェッデルアザラシ、多数の海鳥。

・快適にお過ごしいただくため、クルーズパッケージには乗船前日のブエノスアイレスでの1泊とウシュアイア発着便が含まれています(詳細はお問合せ下さい)。

旅行日程

ジェイバクルーズ
クルーズ担当

南極半島のハイライトを網羅している一番人気のある南極クルーズです。

DAY 1 乗船

ウシュアイア

乗船:午後4時~午後5時
出港:午後6時頃

アルゼンチンのティエラ・デル・フエゴ州の州都であるウシュアイアは、白い大陸と南極への玄関口として知られています。アルゼンチンの人々から『El fin del mundo(世界の果て)』と呼ばれるこの町は、世界の最南端に位置し、山々に守られた肥沃な平原に囲まれ、野生動物たちにとって自然の楽園となっています。アンデス山脈が直接海に突き出す壮大な光景が広がっており、ウシュアイアは地球上で最も美しい場所の一つとされています。その名の響きは、手の届かない冒険への旅を連想させます。最後のフロンティア南極大陸への壮大な旅への期待を呼び起こします。

DAY 2 ~ DAY 3

ドレーク海峡通過

ドレーク海峡を通過する日々を利用して、船内施設に慣れ親しんでいただき、南極に関する知識を深めましょう。エクスペディション・リーダーはまず、南極での上陸時に守るべき国際南極旅行業協会(IAATO)に基づくの行動規範を説明し、ゾディアックボートについても詳しくご説明します。

南極の歴史や野生動物に関する講義は神秘的な南極について知識を深めるよい機会になります。船の操舵室からは、雄大な洋上が眼前に広がる、船旅ならではの素晴らしい風景をお楽しみください。エクスペディションガイドと一緒に船のデッキへ出れば、アルバトロス(アホウドリ)やマダラフルマカモメなど、様々なウミドリたちがドレーク海峡の空を飛ぶ姿をご覧いただけるでしょう。

DAY 4 ~ DAY 8

南極半島

他に類を見ない南極だけが持つ魅力に心を奪われる時がやってきました。今もなお神秘的な魅力を秘めている南極半島は、訪れる者に忘れられない時間を約束しています。氷の世界での冒険では、青と白の壮大な景色の中に身を置き、貴重な野生動物に囲まれます。ペンギン、ザトウクジラ、アザラシ、オオフルマカモメ、さらにはゾウアザラシやオットセイ、そして南極ミンククジラやシャチなど、多種多様な野生動物がこの地を住処としています。天候や航行の状況次第ですが、訪れる場所によっては、こういった野生動物を身近に観察し、極地の美しさを彼らと分かち合う機会があるかもしれません。

船長とエクスペディション・リーダーは氷の状態を日々判断し、ゾディアックボートでのクルージングや上陸観光を提案します。南極半島の無限の価値を体感するアクティビティです。氷河、流氷、卓上氷山、海へとまっすぐに沈み込む山々の峰、火山活動の跡が残るビーチ、研究拠点、絶景が広がる入り江、捕鯨業の名残。南極を象徴するこれらの「顔」を、静寂に満ちた幻想的な世界の中に見いだすことができるでしょう。ジャン=バティスト シャルコーやアドリアン ド ジェルラーシュ、サー アーネスト シャクルトンなど、19 世紀以降、この無人の辺境地を制覇しようと南極を探検した偉大な冒険家たちの足跡をたどり、航海は続きます。

DAY 9 ~ DAY 10

ドレーク海峡通過

旅行者や研究者、経験豊かな船乗りたちが恐れる場所、海、水路があるとすれば、それは間違いなくドレーク海峡です。悪名高い烈風の「Furious Fifties」の緯度に位置し、強烈な風が吹きつける荒海として知られていますが、ホーン岬と南シェトランド諸島の間に広がり、南極大陸と南アメリカをつなぐ最短のルートです。

経験豊かな航海士は「白い大陸を訪れるチャンスを逃すな!」と言うことでしょう。南極から上昇する冷たい海流と赤道からの暖流が交わる南極収束帯として、ドレーク海峡には多様な海洋生物が生息しています。風に戯れながら船の周りを舞う優雅なアルバトロスやケープペトレルを見逃さないでください。

DAY 11 下船

ウシュアイア

到着:早朝
下船:-

早朝にウシュアイアに到着。ご朝食後下船。感動のクルーズが終了します。

コース冒険の象徴 南極大陸へ
泊数10泊11日
コースの船ロストラル号
ル・ボレアル号
ル・リリアル号
備考

料金・日程

※料金は時期により変動する場合がございます。予めご了承ください。
※最新の料金、空室状況はジェイバクルーズまでお問い合わせください。

下記の料金・日程テーブル表は、横にスクロールすることができます。

乗船日下船日料金船名タイプコード
2024/12/232025/1/2€ 12,470~ロストラル号客船(耐氷船)AU231224
2025/1/142025/1/24€ 11,210~ル・ボレアル号客船(耐氷船)BO140125
2025/1/232025/2/2€ 11,210~ル・リリアル号客船(耐氷船)LY230125
2025/1/242025/2/3€ 10,640~ル・ボレアル号客船(耐氷船)BO240125
2025/1/302025/2/9€ 11,210~ロストラル号客船(耐氷船)AU300125
2025/2/32025/2/13€ 11,210~ル・ボレアル号客船(耐氷船)BO030225
2025/2/92025/2/19€ 10,640~ロストラル号客船(耐氷船)AU090225
2025/2/122025/2/22€ 10,640~ル・リリアル号客船(耐氷船)LY120225
2025/2/222025/3/4€ 11,210~ル・リリアル号客船(耐氷船)LY220225
2025/3/22025/3/12€ 10,640~ル・ボレアル号客船(耐氷船)BO020325
印は日本人ガイドが乗船予定です。
クルーズに関する予約・お問い合わせ

ジェイバクルーズ
運営:株式会社ジェイバ(JATA正会員)
東京都中央区日本橋小舟町13-3 日本橋IPビル
TEL:03-5695-1647 / FAX:03-5695-1827

株式会社ジェイバ

寄港地観光

このクルーズで立ち寄ることのできる、主なツアーや観光スポット、都市などをご紹介します。